2017/02/18

カメラと写真の総合展示会!!


CP+(シーピープラス)2017

「撮る」「見る」「つながる」を体感する4日間
CP+(シーピープラス)は、最新の製品や技術を紹介し、産業と写真映像文化のさらなる発展に貢献する国際的な「総合的カメラ映像ショー」です。
今年はパシフィコ横浜とBankART Studio NYKの2つの会場で展開します。会場間をつなぐ無料シャトルバスも運行しています。
注目企画は、J-WAVEの人気番組「ALL GOOD FRIDAY SPECIAL」とCP+がスペシャルコラボした「ALL GOOD FRIDAY ハッピー・フォト・セッション」、いぬ・ねこ・とり ペット写真が大集合する「#まみれ展」、【プロ・中~上級者向け】画像処理セミナー、上級エンジニアによるパネルディスカッション「魅力あるカメラづくり」など、盛りだくさんの内容です。

会期:2017年2月23日(木)~2月26日(日)10:00~18:00(最終日のみ17:00)
   ※2月23日(木)10:00~12:00はプレスタイム(特別招待者・プレス関係者・プレスタイム招待券持参者のみ)
会場:パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)、BankART Studio NYK
入場料:1,500円(税込)(ウェブ事前登録無料)小学生以下の方、障害者手帳を持参の方は無料

2017/02/10

ヨコハマ ハッピーバレンタイン!!③


カップヌードルミュージアム  「ハート形チキンラーメン」 手作り体験

カップヌードルミュージアムの人気体験プログラム「チキンラーメンファクトリー」において、バレンタインデーにちなんだ「ハート形チキンラーメン」の手作り体験を、2017年1月21日(月)から2月27日(月)まで期間限定で開催します。
「チキンラーメンファクトリー」は、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を手作りできる体験工房です。小麦粉をこね、のばし、蒸したあとに味付けし、「瞬間油熱乾燥法」で乾燥するまでの工程を楽しむことができる大人気の体験プログラムです。
通常、「チキンラーメンファクトリー」で手作りする「チキンラーメン」は市販されているものと同じ丸形ですが、この特別企画では、バレンタインデーにちなんだ「ハート形チキンラーメン」を期間限定で手作りすることができます。あわせて、「ハート形チキンラーメン」にぴったりのかわいいラッピングも用意しました。体験希望日の3か月前の同日午前10時から、「インターネット」または「電話」で予約を受け付けます。
大切な方へのプレゼントや、一緒に体験した方との思い出作りにも最適な「ハート形チキンラーメン」。この機会に、ぜひ「チキンラーメンファクトリー」をご体験ください。

期間:2017年1月21日(土)~2月27日(月) (1日8回、各回90分)
   ※休館日を除く
   ※この期間中に手作りする「チキンラーメン」は、すべて「ハート形チキンラーメン」です。
場所:カップヌードルミュージアム
定員:各回48名、小学生以上
   ※未就学児は体験できません。
   ※小学1、2、3年生の方は、必ず中学生以上の方とペアで体験してください。
   ※1名でのお申し込みはできません。
料金:中学生以上500円、小学生300円 (消費税込) ※入館料は別途必要
予約:体験希望日の3ヵ月前の同日午前10時から、「インターネット」または「電話」で予約を受け付けます。

ヨコハマ ハッピーバレンタイン!!②


横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール ドキンちゃんコキンちゃんドキドキハートラリー

ドキドキハートラリーがはじまるよ♪クイズに答えてハートを3つ集めてね!最後にすてきなシールがもらえるよ!

期間:2017年1月10日(火)~2月14日(火)
時間:平日終日、土休日14:00~
場所:横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール ミュージアム館

ヨコハマ ハッピーバレンタイン!!①


日本郵船氷川丸 バレンタイン・イベント

本命チョコ・義理チョコ・友チョコとバレンタインデーに送るチョコの種類もさまざまですが、日本郵船氷川丸では、ご来館の皆さまに「感謝のチョコ」をお配りします!(無くなり次第終了) 皆さまのお越しをお待ちしています。

日程:2017年2月14日(火)
場所:日本郵船氷川丸

2017/02/08

三溪園で梅の花が満開!!



三溪園 観梅会

三溪園は、古くから梅の名所としても有名です。2月から3月にかけて、約600本ある白梅・紅梅などが見事な花を咲かせます。竜が地を這うような枝振りの「臥竜梅」(がりょうばい)、花弁の根元にある萼が緑色の「緑萼梅」(りょくがくばい)は珍しく見ものです。

日時:2017年2月11日(土)~3月5日(日)
場所:三溪園

■初音茶屋での麦湯無料接待
日時:2017年2月11日(土)~3月5日(日)10:00~15:30

■ウメなどの盆栽展
日時:2017年2月12日(日)~2月21日(日)9:00~16:00(最終日は15:30まで)

■猿まわし(太郎次郎一門)
日時:2月11日(土・祝)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)、3月4日(土)
10:00~16:30(休憩あり) ※雨天中止

■俳句大会
日時:2017年2月26日(日)受付10:30~、投句締め切り12:00まで、13:50頃~披講、
入賞者へ表彰など(予定)
参加費:1,000円

■お囃子(横濱本牧囃子連)
日時:3月5日(日) 11:00~12:00、14:00~15:00

2017/02/03

まもなく開幕!! 木下大サーカス!!


世界を感動させた木下大サーカスがさらに進化して4年ぶりに横浜に大上陸!夢と勇気と感動と。熱き挑戦者たちの奇跡のステージ!奇跡のホワイトライオン世界猛獣ショー!
「常に最高であり続ける誇り」・・・創業者の心を継承して創立115周年。木下サーカスが伝統のなかで磨きあげ、鍛えあげてきた名人芸と、世界一流の海外アーティストたちが共演するダイナミックなスペクタクル・ショー。興奮と感動に満ちた栄光1世紀をこえた115周年の記念ツアー、木下大サーカス4年ぶりの横浜での公演です。
子どもたちに楽しい夢を、若者にバーチャルではない迫真のライブ芸の魅力を、壮年の方たちには去りし日の想い出と感動を!お子様の感動情操教育の場として最適です。世代を超えて共感を分かち合えるひとときを、ぜひおそろいでお楽しみください。

期間:2017年2月26日(日)~5月22日(月)
休演:毎週木曜日、3/1(水)、4/12(水)、5/2(火)、5/10(水)、ただし5/4(木)は開演
場所:横浜みなとみらい特設会場(マリノスタウン跡地)
料金:前売券おとな2,900円/こども1,900円、当日券おとな3,300円/こども2,300円

2017/02/01

鉄道模型好きにはたまらない車両やグッズが盛りだくさん!!


横浜ランドマークタワー ヨコハマ鉄道模型フェスタ2017

ヨコハマ鉄道模型フェスタは、NゲージやHOゲージの鉄道模型メーカーなど、鉄道に関するたくさんの企業がコラボレート出展するイベントです。
幅広い皆様に楽しんでいただけるよう、大きなHOゲージ、Nゲージのパノラマレイアウトをホールに設置して鉄道模型を走行展示。
また、ランドマークホールならではの「大スクリーンを使用した映像放映」や「輝く鉄道模型をアピールする照明演出」など、様々な角度から鉄道模型をお楽しみください。
鉄道車両を製造するメーカーや電鉄各社からはオリジナルグッズがフェスタ会場に勢揃いします。

日時:2017年2月3日(金)11:00~18:00
   2017年2月4日(土)11:00~18:00
   2017年2月5日(日)11:00~17:00
場所:横浜ランドマークタワー ランドマークプラザ5F ランドマークホール
料金:入場無料

2017/01/30

イチゴ三昧の幸せ!!


横浜赤レンガ倉庫 Yokohama Strawberry Festival 2017

本イベントは、お子様から大人の方まで多くの人に愛されているいちごを通してお客様に笑顔になっていただきたいという思いから、2013年に初めて開催し、今回で5回目を迎えます。前回は22万人以上の方がご来場され、ご好評をいただきました。
会場内に設置された特設テントでは“いちごマーケット”を開催。今回は 過去最多の18店舗が出店し、ここでしか味わえない限定のスイーツや いちごにちなんだグッズを販売します。また、毎年大好評のいちごの無料 サンプリングに千葉県の新品種「チーバベリー」が初登場。神奈川県の イベントでは初お披露目となります。他にも日替わりで前回同様、 「とちおとめ」と「ふくはる香」のサンプリングも実施します。今回も横浜市の いちご農家さんによるいちごの直売を実施し、採れたての新鮮ないちごを販売する予定です。さらに、会場入口にはお子様に お楽しみいただけるよう、いちごをモチーフにしたアトラクションも設置しており、フード以外でもいちごを満喫していただけます。
春の訪れを待ちわびながら、甘酸っぱいいちごを召し上がっていただくことで、寒い日々の中でもお客様の笑顔があふれる場を提供します。

期間:2017年2月3日(金)~2月12日(日)11:00~18:00
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
料金:入場料無料(飲食代は別途)

■過去最多18店舗が出店!いちごマーケット
今回初出店となる3 店を含め老舗から新感覚スイーツを提供するお店やいちごにちなんだ物販グッズのお店など18店舗が集結。
日時:2017年2月3日(金)~2月12日(日) 11:00~18:00

■毎年好評!いちごの無料サンプリング
今回は、毎日日替わりで3種類のいちごを無料でサンプリングします。さらに、千葉県産の新品種「チーバベリー」が初登場。神奈川県のイベントでは初お披露目となります。
場所:「Yokohama Strawberry Festival 2017」 屋外スペース
品種:「チーバベリー」(千葉県産)・「とちおとめ」(栃木県産)・「ふくはる香」(福島県産)

■採れたて!新鮮!いちご直売
前回好評だった横浜市内のいちご農家さんの出張直売所を今回も設置します。横浜市内で栽培された朝採れの新鮮ないちごをお買い求めいただけます。
日時:イベント開催時に不定期で実施予定
場所:「Yokohama Strawberry Festival 2017」 特設テント内

2017/01/29

女性のためのラーメン博覧会!!今年も開催!!


 横浜赤レンガ倉庫で3月16日から20日まで、女性に特化した女性のためのラーメンイベント「ラーメン女子博'17」が開催される。東北から九州まで日本各地から人気のラーメン店が集まる。主催はラーメン女子博実行委員会。

出店するのは「雅楽×ど・みそのコラボ」(神奈川/あざみ野)(東京/京橋他)、「久留米ラーメン清陽軒」(福岡/久留米他)、「セアブラノ神」(京都/壬生他)、静岡のラーメン店6店舗による「チーム静岡」(静岡)、「つけそば神田勝本」(東京/水道橋・神田)、「煮干し中華そば一燈」(東京/新小岩)、「Noodle kitchenミライゑ」(東京/赤羽)、「博多一幸舎」(福岡/福岡他)、「麺場voyage」(東京/蒲田)、「夢を語れ東京」(東京/白山)、「ラーメン桑嶋」(東京/下北沢)、「ラーメン風林火山」(山形/鶴岡他)の12店舗。

 価格は、1杯900円。

 「ラーメン女子博」は、2015年の初開催は2日間で29,695人を動員。2016年は5日間で86,000人を動員した。

 開催時間は11時~21時(ラストオーダー20時30分、21日は20時終了)。入場料無料(男性も入場可)。

2017/01/27

肉兄弟に朗報!! 肉好きあつまれ~!!


 クイーンズスクエア横浜[アット!]2nd 5階に11月、肉と野菜のグリル料理レストラン「D.U.M.B.O(ダンボ)」がオープンした。

 みなとみらいを一望する開放的な空間で、「ブルックリン・グリル・スタイル」をコンセプトにした肉と野菜のグリル料理を提供する。店鋪面積は約255平方メートル。席数は104席(テーブル、カウンター)。

 同店のおすすめメニューは、肉と野菜の両方が味わえるグリルコンボ料理「牛サーロインCOMBO」(2人分4,500円~)や「牛ランプ肉COMBO」(2人分3,480円~)をはじめ、自家製ローストビーフ(850円)、焼きチーズカレーのパエリア(1,080円)、NYチーズケーキ(620円)、オリジナルカクテルのレモネード サングリア(750円)など。

 グリル野菜は、五寸人参(北海道)、甘玉ちゃん(淡路島)、ポットベラ マッシュルーム(静岡)など全国各地から取り寄せた旬の野菜8種類を月替わりで提供。牛サーロイン、牛ランプ肉、豚スペアリブBBQなど肉の追加注文も可能で、グリル料理には味噌ソース、ラムチーズソース、トマトガーリックソース、イタリア産岩塩の4種類のソースがつく。

 ランチメニューは、DUMBOのグリルミートコンボランチ(サラダ、スープ、ライス付1,100円)、DUMBOステーキランチ(サラダ、スープ、ライス付1,480円)、ローストビーフ丼(スープ付1,000円)、ローストビーフ丼の倍量の肉が盛られた「メガローストビーフ丼」(スープ付1,680円)など。

2017/01/26

只今募集中!!『横浜親善観光大使』『横浜スカーフ親善大使』』



 横浜観光親善大使は、50代続いた「ミス横浜」に代わり2003年に発足。横浜市民の代表として、横浜市内のイベントへの参加、日本各地での観光プロモーション事業や国際交流行事への参加、メディアを活用した観光PRなどの活動を通じて横浜の魅力をアピールする役割を担う。

 主な活動内容は、テレビ・ラジオ・新聞などメディアでの横浜の魅力発信・取材対応、パレードやイベントへの参加、コンベンション・初入港客船の歓迎、式典での表彰・テープカット時の介添え、開港五都市ほか他都市での横浜PR活動など。横浜の観光・MICE振興に寄与する、賛助会員以外の民間事業者のイベントも新たに加わる。

 応募資格は、横浜市内在住の18歳以上の男女で、年間40回程度の活動に参加でき、宿泊を伴う出張が可能である人。また、横浜の観光・歴史、市政などに関する基礎的な知識があり、人前でのプレゼンテーションやスピーチに対応できる人。


横浜スカーフ親善大使は、横浜スカーフの認知度向上を目的に年に数回イベント会場などでプロモーション活動を行い、横浜スカーフの振興と魅力をアピールする役割を担う。5代目の横浜スカーフ親善大使は、坪木愛実さん、清水美沙さん、久保田桂子さん、安西仁美さん、安田安紀子さん、後藤慎子さんの6人。

 活動期間は2017年4月1日から1年間。応募資格は18歳以上の女性で、募集人数は若干名。4月29日にシルク博物館ホールで行われる横浜スカーフ親善大使任命式に出席できることが条件。申込締切は2月10日。書類選考の上、3月1日に面接審査を行う。入賞者には横浜スカーフを贈呈する。応募方法など詳細はホームページで。



2017/01/24

横浜港大さん橋でビアフェス兼品評会!!

横浜港大さん橋国際客船ターミナルで1月27日から29日までの3日間、クラフトビールの祭典「JAPAN BREWERS CUP 2017」が開催される。

 ビールの品評会とビールフェスティバルが融合した同イベントは、2013年に初開催し、今年で5回目。国内外のビール242種が1杯300円から楽しめると同時に、ビール職人の審査によるビアコンペティションを実施する。結果は当日中に発表されるため、ビール職人が認めた出展ビールはその場で味わうことができる。昨年は3日間で5778人を動員した。

 今年の審査会には、史上最多となる192の銘柄がエントリー。「ピルスナー部門」と「IPA部門」、「濃色系部門」、「小麦系部門」の4部門で審査する。

 出展ビールメーカーは、アウグスビール、秋田あくらビール、オラホビール、京都醸造、盛田金しゃちビール、湘南ビール、スワンレイクビール、箱根ビール、シャトーカミヤ牛久ブルワリー、Devil Craft Brewery、栃木マイクロブルワリー、横浜ベイブルーイング、横浜ビール、六甲ビール、奥能登ビール 日本海倶楽部、海軍さんの麦酒、T.Y.HARBOR BREWERY、ワイマーケットブルーイングなど。

 また、地元飲食店の鶏肉専門店「梅や」(中区吉田町6)、かつれつ老舗レストラン「勝烈庵」(中区常盤町5)、グリル&バー「Charcoal Grill green」(中区弁天通6)、そば「千花庵」(中区野毛町1)、ビアバー「ブーシェル」(神奈川区六角橋6)によるフードも販売する。

 ステージゲストは、横浜DeNAベイスターズサポーティングガールズユニット「diana」(28日)、コータロー&櫻田武(28日)、ハモニカクリームズ(29日)、巨乳アイドルユニット「KNU」(27日・29日)など。

会場は大さん橋ホール。入場料は500円。開催時間は27日=17時~22時、28日=11時~21時、29日=11時~19時。